バイクの任意保険と自賠責保険の違い
スポンサーリンク

あなたは任意保険に入っていますか?

なぜ1台のバイクに対して、自賠責保険と任意保険をかけなければならないのか、疑問に感じていませんか?

自賠責保険と任意保険、その違いを出来るだけ分かり易く説明します。

 

スポンサーリンク

自賠責保険と任意保険 出来ること、出来ないこと

任意保険と自賠責保険の違いを分かり易くするため、任意保険と自賠責保険の出来ることと出来ないことを纏めてみました。

大まかに理解して頂くことを目的としているので、概要のみ記載しています。

先ずはあなたがバイクで誰かにケガをさせてしまい、あなたもケガを負ったと想像してみてください。

 

保険が相手(被害者)に対して出来ること、出来ないこと

あなたが原因の事故で誰かにケガをさせ、その人の持ち物(バイク・車を含む)に損害を与えたとして説明します。

自賠責保険と任意保険、それぞれがカバー出来る項目は次の通りです。

相手の体に関すること 相手の物に関すること
治療費の支給 示談交渉 修理代の支給 故障への対応
自賠責保険 × ×
任意保険

 

保険があなたに対して出来ること、出来ないこと

次に自賠責保険、任意保険それぞれがあなたの体や物に対してカバーできる範囲です。こちらもあなたが原因の事故で、あなたがケガをしたり持ち物が壊れた場合を想定しています。

あなたの体に関すること あなたの物に関すること
治療費の支給 示談交渉 修理代の支給 故障への対応
自賠責保険 × × × ×
任意保険

 

いかがでしょう。「自賠責って何もしてくれない。」と感じませんか。そう思われたのなら正しい理解です。

あなたが契約する自賠責保険が、あなたの為に使われることはありません。

なぜなら自賠責保険は、あなたのバイクが他人に被害を与えた場合に「被害者を救済する」のが目的の保険だからです。

あなたが被害者になった場合には、あなたの自賠責ではなく、相手の(加害者の)自賠責から補償が行われます。

 

自賠責保険の使えなさをどうカバーする

事故の加害者となってしまった場合、全ての損害は自分で負わなければなりません。

交通事故の賠償金は大変高額になり易く、一億円を超えるケースも珍しくありません。

参考記事 : 事故を起こすといくらかかる?

一方で自賠責保険は被害者にとっても十分ではありません。

治療費や慰謝料が支払われますが、その上限は120万円です。

治療したにもかかわらず、ケガが完治しなかった場合には別の補償が行われますが、その金額も4,000万円が上限です。

その後一生涯寝たきりで過ごすことになっても、4,000万円です。

また表のように、「破損した物」や「加害者との示談交渉」についても自賠責保険は関与しません。

壊れた物への弁償を得たいのなら、ご自身で相手に請求しなければならないのです。

このように自賠責保険は加害者にとっても被害者にとっても、お世辞にも十分な保険ではありません。

この不足分を補うのが任意保険です。

 

スポンサーリンク

補償と同じくらい重要な示談機能

自賠責保険には無く、任意保険には有る機能として示談交渉サービスがあります。

事故後の相手との交渉は大変気が重く、先の見えない手続きです。

警察は示談には一切関与しませんので、示談交渉を避けて通ることは出来ません。

いくら自分が被害者でも、示談交渉が進まなければ賠償金が得られないのです。
(自賠責保険からの支給は示談がまとまる前でも受ける方法が有ります。これを被害者請求と言います。)

もし加害者になってしまった場合でも、状況は同じです。被害者から提示される賠償額が妥当かどうか、検討し返答をしなければなりません。

任意保険に加入すれば、これらの対応を保険会社に任せられます。

 

バイク保険の特徴

バイクに乗る身にとっては耳の痛い意見ですが、やはりバイクは自動車に比べて被害が深刻になり易い乗り物です。

特に自分のケガが大きくなり易い点を忘れないでください。

何度も繰り返しますが、自賠責保険から自分の治療費を得ることは出来ません。

任意保険に入らなければ、全て自分で負担しなければならないのです。

参考記事 : バイクは本当に事故を起こしやすいのか?

参考記事 : バイク事故は4割減らせる! バイク事故の主な原因

 

 

バイク保険