バイクの譲渡証明書と委任状 書式と書き方(DL可)
スポンサーリンク

バイクの名義変更時に必要となる、譲渡証明書委任状

あまり接する機会がない書類なので、身構えてしまいますが、実際はあまり難しいものではありません。

必要な事項さえ記されていれば、書式はあまり気にしなくても大丈夫です。

ですが、必要事項が抜けていると、使えない書類となってしまうのも事実なので、ひな形を作成しました。

記入例と共にダウンロード可能としましたので、参考にされてください。

 

スポンサーリンク

バイクの譲渡証明書の書き方

譲渡証明書に決まった書式はありませんが、必ず記入しなければならない事項が有ります。

逆に言えば、これらの事項が記載されていれば書式が違っても大丈夫です。

 

【必ず記載する事項】

バイクに関する情報

ナンバー(廃車されていない場合)、車台番号、排気量、車名(メーカー名)

譲渡する方の情報

名前、住所、認印

受け取る方の情報

名前、住所

その他

車両の受け渡しが行われた日

 

これらが満たされていれば大丈夫です。

尚、公的手続きに用いられるので、記入は黒か青のボールペンで、用紙はA4を使いましょう。

こすって消えるボールペンは不可です。また修正液等の使用も避けて下さい。

間違えた場合には、書類を作り直すか、二重線で消して訂正印を押すようにします。

譲渡証明書は公式な書類ですから、書き換えられる書類では認められないのです。

当然、修正液等の書き換えた跡があっても受け付けられません。

それでは譲渡証明書の用紙と書き方の例を掲載します。何れも東京都江戸川区のサンプルです。
下記リンクより入手してください。

 

バイクの手続きに用いる委任状の書き方

委任状についても決まった書式はありません。

ただし譲渡証明書と同様に、必ず書かれてなければならない事項が有ります。

 

【必ず記載する事項】

バイクに関する情報

ナンバー(廃車されていない場合)、車台番号、排気量、車名(メーカー名)

委任する方の情報

名前、住所、認印

委任される方の情報

名前、住所

その他

委任する事項、書類の作成日

こちらについても参考書式を作成しました。お役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

法的な書類は書式よりも記載事項が大事

今回ご紹介した書式だけではなく、法的な書類のほとんどは書式よりも記載事項の方が大事です。

譲渡証明書は、自分の物を他人にあげたことを証明する書類なので、間違いなく本人が作成していることを確認するために、本人の情報を記載したり、譲り渡す物を特定するために、車体番号などの詳しい情報が必要となるのです。

委任状も考え方は同じです。 誰が、誰に、何を委任したのかを明確にするために、それぞれの情報を細かく記すのです。

この発想はバイクの手続きだけではなく、その他多くの手続きにおいても同じですので、これを機会に感覚的に捉えてしまってください。

今後、思わぬ場面で役に立つはずです。

バイク保険