車検証や自動車保険証券の紛失
スポンサーリンク

車検証や自動車保険証券は普段は使わない為、所在が不明になる方も多いようです。

自動車の車検証の場合には、納車時には自動車に備え付けられていますし、車検などで車検証が必要な場合にも扱うのはディーラーであったりすることが多いと思いますので、所在不明となることも少ないのですが、バイクは積載スペースがほぼ無いという車体も有りますので、紛失の可能性も高くなってしまいます。

 

いずれも手続きには重要な書類ですので、万が一所在不明となった場合には、再取得をしておいた方が無難です。

 

車検証の再発行手続き

手続き場所 : 管轄の運輸局
必要書類  :

再発行申請書

手数料納付書

身分証明書

印鑑

(車検証):破れ、汚れなどが再発行申請の理由であるとき

(委任状):代理人が手続きを行う場合

(理由書):代理人が手続きを行う場合

費用 : 500円程度(自分で行った場合)

 1万円程度(業者に依頼した場合)

 

管轄の陸運局は国土省のホームページで確認出来ます。

 

申請に必要な再発行申請書(第3号様式)は現地でもらえますが、国土省ホームページからのダウンロードも可能です。
申請書の記載事項を確認するためにも、予めダウンロードして内容を見ておいた方が良いでしょう

 

陸運局は平日の昼間しか空いていませんから、陸運局と自宅を何度も往復することがないように準備は万全に行いましょう。計画的に手続きを進めないと、1日で終わらないこともあります。

窓口の受付時間:午前8:45~11:45、午後1:00~4:00
運輸局の業務時間:午前9:00~12:00、午後1:00~4:00

 

不明点が有れば管轄の陸運局に事前に問い合わせましょう。場所により申請方法が多少異なることがありますので、問い合わせた方が無難です。

 

バイク保険証券の再発行手続き

保険証券は車検証と異なり、必ずしも必要な書類ではありません。保険証券が無くても事故の補償は得られます

 

ですが、事故連絡を行う際には証券に記載されている事項、特に証券番号などがあると話がスムースに進みますので、やはり手元にある方が良いでしょう。

 

また、不幸にも事故で負傷し、家族や知人が対応する場合には、証券が無いと大変苦労します

そのようなことが無いように、証券は確認可能な場所に備えておきましょう。

 

最近は必要情報だけを携帯可能なカードにしてくれる保険会社が増えました。
カードの利用が可能な場合には、財布などに入れておくと、いざという時に役に立ちます。

 

保険代理店を経由した再発行の依頼

保険代理店経由で保険に加入した場合には、再発行依頼も保険代理店にお願いすれば大丈夫です。
引っ越しなどで代理店から遠くなってしまった場合には、保険会社に直接依頼します。

 

代理店契約の場合の再発行手順

1.保険代理店或いは保険会社に再発行したい旨を電話連絡

2.再発行依頼書が郵送などで届く

3.再発行依頼書を記入し、身分証明書写しなどの必要書類と共に郵送

4.1~2週間で再発行保険証券が届きます

 

 

インターネット契約の場合

インターネット契約の場合には、保険会社のホームページからログインできる個々人のマイページから保険証券がダウンロードできます。

 

もしマイページへのログイン方法が分からなくなった場合には、ホームページ内の「登録していたメールアドレスやパスワードを忘れてしまった場合」等のサポートページから問い合わせると、直ぐに新パスワードを設定するための案内がメールで届きます。

 

その後はメールの指示に従い、新しいパスワードを設定して保険証券を確認してください。

 

 

バイク保険