バイク任意保険の加入手続き
スポンサーリンク

バイクの任意保険を保険料の高い安いで決める前に、加入方法として2経路有ることを知っておきましょう。

1つは保険代理店を通じて加入する方法、もう一つはインターネットを通じた方法です。

どちらにも良い点と悪い点がありますので、以下を参考に検討してみてください。

 

スポンサーリンク

代理店を通じた契約の特徴

代理店契約の最大の強みはアレンジ力でしょう。

インターネット経由の保険販売は商品をパッケージ化して売っていますので、細かなアレンジが行えないのですが、代理店であれば自分に合った補償内容を組み合わせてくれます。

その一方で、保険会社と顧客との間に入り手数料を取りますので、料金は高くなります。

もし大変優秀で顧客のことを親身に考えてくれる代理店であれば、次のようなことが期待できますので、少々保険料金が高くても払う価値は有るでしょう。

  • 最も自分に適した保険を提案してくれる
  • 保険について分からないことを丁寧に説明してくれる
  • 事故にあった時に、現場に来てくれたり、対応のために自宅に来てくれる

但しこのような対応をしてくれる代理店かどうかは、知人からの紹介でもない限り事前には分かり難いものです。

良くない代理店の場合には、

  • 自分に合っているかどうかではなく、代理店が儲かる保険を勧めてくる
  • 分からないことをきちんと説明してくれない
  • 事故の対応を親身に行ってくれない。

ということになりますので、代理店経由で保険に加入する場合には、知人などからその代理店の評判を聞いたうえで手続きする方が良いでしょう。

 

インターネット契約の特徴

インターネット契約の最大の強みは保険料金の安さです。

保険内容をパッケージ化することで手続きを簡素化し、さらに代理店を介さないことで代理店への販売手数料を削減しています。

そのため誰が手続きをしても、ある程度同等のサービスを、安い保険料金で受けることが出来ます。

また、手続きが全て電子化されているので、加入手続き後すぐに保険が有効になるというメリットもあります。

但し優秀な代理店が行ってくれるような、「個別のアレンジ」や「事故時に現場に来てくれる」などの対応は期待できません。

 

スポンサーリンク

代理店とインターネット、どちらが良い?

優秀な代理店、良くない代理店、インターネットを比較するとこのようになります。

これをユーザー目線から考えると、このようになります。

  • 少々高くてもフルサポートを受けたい → 優秀な代理店を探して手続き
  • 事故時のサポートなどはある程度妥協しても安く収めたい → インターネットで手続き
  • 手続きは全部誰かにやって欲しい。料金や補償内容は気にしない → 近隣の代理店で手続き(どの代理店でも良い

 

手続きに必要な書類

加入手続きの際の必要書類は以下の通りです。

正確には書類そのものではなく、書類に書かれてる情報が必要なので、コピーなどでも構いません。

  • 運転免許証
  • 車検証(250CC以下の場合には軽自動車届済証や標識交付証明書)
  • 印鑑(代理店契約の場合)
  • クレジットカード(インターネット手続きでクレジットカード払いを希望する場合)
  • 現在契約している保険の証券(更新の場合。等級確認などに用います。)

 

手続きの手順

手続きの手順は次通りです。

 

代理店の場合

必要書類を代理店に持参するか、代理店の方に自宅などに来てもらいましょう。

その後の手続きは書類作成も含め全て代理店が行ってくれます。

但し、契約後の保険証券とその記載内容の確認は必ず行いましょう

優秀な代理店でも、間違うことはあります

 

インターネットの場合

先ずは保険会社の候補を決めるために一括見積り比較サイトなどで複数社から見積もりを取ると良いでしょう。

その後、気に入った保険会社のサイトで保険内容を再検討し、最終的な契約内容を決めていきましょう。

 

見積りも、保険内容の設定もインターネットで行えますので、夜間や休日を使ってじっくりと検討することができます

あいおい、アクサ、チューリッヒなどのメジャーな会社をはじめとして、各社のサイトは補償内容を変えれば見積額が自動的に変化するように作られていますので、様々な組み合わせを納得がいくまで試してみましょう。

納得がいく保険内容が確定したら、ネット経由で申し込みと支払いを済ませれば、直ぐに契約が発効します。

 

参考記事 : バイク任意保険の補償内容比較

バイク保険