バイク保険 主要8社のロードサービス比較
スポンサーリンク

三井ダイレクト損保、チューリッヒ、アクサダイレクト、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、AIG(旧富士火災)、三井住友海上、あいおいニッセイ同和のロードサービスを比較表にまとめました

スポンサーリンク

ロードサービスは、保険セールスの最重要ポイント

ロードサービスはバイク保険で最も注目される事柄です。

その理由の一つはメリットの打ち出し易さに有ります。「レッカー移動が100kmまで無料」は大変分かり易い宣伝だと思います。

ですが各社の補償内容を比較をしようとすると、一気に分かり難くなります。

バイク保険の販売に力を入れている会社ほど、レッカー移動の距離や補償範囲をキロ数で明記する傾向にあり、代理店契約を主とする保険は、キロ数でなく補償出来る金額を明記しているためです。

例えばチューリッヒは「レッカー移動100kmまで無料!」と打ち出しています。一方でAIGは「レッカー移動費30万円まで保障」となっています。これを見てチューリッヒの方が搬送できる距離が長いように感じる方もいるでしょう。しかしAIGの補償額を距離に換算すると500kmに相当するのです

更に同じ100kmであったとしても、会社によってサービス内容が少しづつ違っていることも分かりました。

比較一覧表では、このような各社の補償内容の違いが良く分かるようになっています

尚、一覧表を見る前に、自分にとって必要なロードサービス内容をなんとなくでも良いので考えておいたほうが、内容を比較し易いと思いますので、先ずは以下の文章を読んでみて下さい。

 

自分に必要なロードサービスは?

必要なロードサービスは、バイクの用途によってかなり変わります。

例えば私の場合、住んでいるのは都市部で、泊りがけのツーリングは年に1回くらい、その他は近隣県にしか行きません。ですから、レッカーの距離や宿泊代の補償はあまり重要ではありません。ロードサービスを削ってでも、保険料を安くしたいと考えています。

逆に年に何度も泊りがけのツーリングを行う方なら、ロードサービスの重要性は増します。

先ずはご自身がどのようにバイクに乗るかを考えたうえで、選定しましょう。

2パターンのロードサービス

今回調査をした中で「三井ダイレクト損保」「チューリッヒ」「アクサダイレクト」の3社はロードサービスの保障内容が固定されている一方で、それ以外の会社はフレキシブルな部分があることが分かりました。

例えばレッカー移動についていえば、先の3社は「50kmまで」というように距離を明確に定めているのに対して、その他の会社は「レッカー移動、修理後搬送、車両引き取り費用の合計額が30万円まで」となっていたりするのです。

どちらが使いやすいかは、人によって異なりますので、保険会社を選ぶ際には各社の違いを把握したうえで検討したほうが良いでしょう。

ロードサービスをクレジットカードでカバーする - 2018年6月追記

ロードサービスは保険ではなく、クレジットカードでカバーすることもできます

ロードサービスの付いているカードは多いのですが、殆どはバイクが対象外となっています。

バイクまでカバーしてくれる数少ないカードが、全国オートバイ協同組合連合会が出している「JACCS CLUB AJカード」です。ロードサービス目当てに、このカードを持ってみてはどうでしょう。

無料レッカー距離が50kmまで付いている、現場での応急処置を行ってくれるなど、サービス内容は保険に付帯しているロードサービスとほぼ同じです。

このカードは2年目からは2,000円の年会費が掛かりますが、ロードサービスの年会費としては格安ですし、カードを10万円以上使えば、2年目以降も年会費無料となります。

10万円と聞くと高く感じますが、月々の携帯電話の支払いをこのカードで行うだけで、年間10万円をクリアしてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

バイクの乗り方別、お勧めのロードサービス

参考ではありますが、バイクの乗り方別に役に立つロードサービスを考えてみました。

2泊以上のロングツーリング派にお勧めのロードサービス

車両の「修理後搬送」が充実している会社がお勧めです。

「修理後搬送」とは?

旅先でバイクが故障し、バイクを現地の修理店に預けて自分だけ帰宅した場合に、修理後にバイクを自宅まで届けてくれるサービスです。

具体的にはチューリッヒ(全額補償)、共栄火災(上限額あり)、AIG(上限額あり)、三井住友海上(上限額あり)の4社です。

特にチューリッヒの全額保証は万が一の場合に大変心強いです。

自宅への搬送ではなく、自分で現地まで取りに行く費用を補償する保険会社も有りますが、バイクでの2泊以上のツーリングは、自宅から500キロ以上離れる事もあるでしょう。

その場所まで後日バイクを受け取りに行くというのは、あまり現実的ではないと思いますので、この保証は魅力的です。

因みにバイクの搬送費用は1000CCの大型バイクを青森から山口まで運んだ場合で11万円位、東京大阪間なら4万数千円です。

チューリッヒ以外の会社は輸送費に上限が設けられていますが、どの会社も15万円程度の費用は見てくれるので、自己負担が大きくなる可能性は低いでしょう。(輸送費用の目安はこちらのサイトで確認できます)

 

日帰りツーリング派にお勧めのロードサービス

公共交通へのアクセスが困難な地域へのツーリングでなければ、レッカー移動距離もさほど要らないはずです。

よほど修理が難しいバイクでなければ、50kmでも十分カバー可能でしょう。50kmであれば、ほぼ全ての会社が無料サービス対応範囲内に入ります。

もしそれ以上の距離数が得たいのであれば、実際の保険料とJAFの搬送費用を照らし合わせて、保険でカバーする距離を考えると良いでしょう。

その代わりに検討に入れたいのがガス欠時のガソリン給油とキー紛失時の作成です。

ガソリン給油代が初年度から無料で、キー作成まで行えるのがチューリッヒ共栄火災AIGの3社です。

ガソリンとカギへの対応はマイナーな部分ですが、それ以外の部分に大きな差を感じないなら、この3社を軸に検討すると良いと思います。

日帰りツーリングメインの場合にはロードサービスの重要性は高くないので、一旦は補償内容と価格で目星をつけ、最後にロードサービスを確認する程度で良いでしょう。

先ずは一括見積などで各社の保険料を把握し、安い会社から選びましょう。

一括見積を取ってみる

 

街乗り派にお勧めのロードサービス

ロードサービスは最低限で良いです。一括見積などで複数の保険会社の金額を把握し、安い会社から順に検討すれば十分です。

もしバイクが125CC以下ならファミリーバイク特約を一緒に検討して下さい。保険料が大きく下がる可能性があります。

但しファミリーバイク特約は普通のバイク保険とかなり内容が違うので、必ず内容を確認してください(多くの場合ファミリーバイク特約にロードサービスは付きません)。

参考記事 : ファミリーバイク特約とは

 

ロードサービスの比較は保険選びの最後で良い

保険はあくまでも事故のケガや物の破損に対応するものです。ロードサービスは付加サービスであることを忘れないようにしましょう。

いくらロードサービスが充実していても、保険そのものが自分に合っていなければ何の意味もありません

こちらの記事で保険を選ぶうえでの手順を細かく記載しています。

ロードサービスをどの段階でどのように選ぶのが良いかも記載していますので、参考にされてください。

 

バイク保険 ロードサービスの比較表

以下のリンクよりご覧いただけます。

PDF形式なので、PDFが開けない方は予めPDF用のソフト(無料)を入手してください。

PC用 アップル用アプリ アンドロイド用アプリ

 

 

バイク保険