大人の趣味 バイクという選択
スポンサーリンク

週末を有意義に過ごす、その為に趣味は欠かせません。

特に子供が手を離れたり、転職や転勤で生活環境が変わって、急に自由になる時間が増えると痛感します。

子供の世界が広がるにつれて募る親の取り残された感は結構厄介なものですし、新しい環境で感じる疎外感もジワジワと効いてきます。

子供に尽くす忙しい週末が訪れる前はいったい何をしていたのか?と不思議に感じることすらあります。

そんな時には、思い切って新しい趣味を見つけましょう。

 

スポンサーリンク

子供は帰ってこないと割り切って、新しい方向へ進む

残酷ですが、子供は帰って来ません。待っても無駄です。

貴方がそうであったように、親と過ごすよりも友達と過ごす方が何倍も楽しいのです。帰って来るとしたら、20代後半を過ぎてから、大人同士の付き合いとして帰ってきます。

それまでの長い時間、これまで子供と過ごしたのと同じくらい長い時間を、子供が振り返る瞬間をただ待ち続けるなんて勿体ない。

ここは気持ちを入れ替えて、何か新しいことに挑戦しましょう。 しかも毎週末が待ち遠しくなるような何かを。

 

ライフスタイルは消え去らない 積み重なる

ライフスタイルは変わりゆくもの。

もし今の生活に何かしらの物足りなさを感じているならば、それはライフスタイルの変化の兆しです。実はよい兆しなのです。

誰もが大人になるまでに様々な感動を経験します。ですが人とは贅沢なもので、同じ感動を何度も味わうことは出来ません。次第に感動は薄れます。

子供のころは夕立にも、初雪にもはしゃげますが、大人には無理です。ですがそれは素晴らしいと思う心を失ったわけではありません。様々な経験を通じて、本当に価値が有るもの、得難い経験が見えてきているのです。

そのような年齢になって始める趣味は、自ずと見えるものが異なります。

単に料理がおいしいというだけではなく、料理人の包丁さばきや食文化の成り立ちに感じ入る

単に景色がきれいと言うだけではなく、そこに息吹く生命の不思議さに思いを馳せる

このような新しい感動は、ある程度の人生経験が無いと生まれません。これこそが大人の趣味です。

ライフスタイルを変えるとは、新しい経験を積み重ねることです。

新しい趣味は、その為の格好のツールなのです。

 

スポンサーリンク

義務となった趣味は捨てて、本当に好きなことを実行する

週末の趣味には色々な候補が有ると思います。

ゴルフが好きな方は、毎週末を練習やラウンドに充てても良いでしょう。

ですが会社の付き合いで続けているなら、あまりお勧めはしません。

ゴルフに限らず、「やらされている感」がある趣味は、その必要性が無くなれば継続する意欲も無くなります

勿論、空いた時間を集中的に使って、使命感で行っていた趣味を心からの趣味に昇華出来れば最高です。

しかしその意気込みが持てないのであれば、義務は義務、趣味は趣味と割り切った方が精神衛生上も良いはずです。

 

求めるのは「好きだ」だけじゃない。もっと貪欲に、長期目線で。

私はFPという仕事柄、多くの方の定年後の「趣味」についてお聞きします。

定年を機に新しい趣味を探す方も多いのですが、定年後の趣味には共通した特徴があります

趣味を選ぶ際に「好きだ」という視点だけではなく、「体にいい」「永く続けられる」「社会との繋がりが持てる」「老化の防止になる」という要素を加えていらっしゃるのです。ゴルフは正にこれらの要件を満たします。

もしも今持っている趣味がこれらの条件を満たさないなら、何か他の趣味を見つけましょう。バイクもその一つになり得ます。

 

バイクは認知機能を向上し、ストレスを軽減する

あまり知られていませんが、バイクは「体にいい」「老化の防止になる」という条件を満たします。

実はバイクに乗ると認知機能が向上し、ストレスも軽減されることが科学的に証明されているのです。

 

「バイクで脳トレ」川島教授が世界初の研究結果報告

川島隆太教授はニンテンドー『DS』で大ヒットを記録した「脳を鍛える大人のDSトレーニング」で有名な教授。都内で行なわれた説明会には、多くの関係者が詰め掛けた。

自動二輪を生活のなかで使用すると、さまざまな認知機能が向上することがわかった。特に記憶力や空間認識力が上がる。また、メンタルヘルスに関するアンケートを行なっても、ストレスが軽減し、精神的によい状態に変移したという。これによってバイクを2か月間使用した被験者は、体調がよくなったり、ミスが減ったり、なにごとにも楽しめるようになったそうだ。

出典 : Response

 

バイク+αが世界を広げる

残る2つの条件「永く続けられる」「社会との繋がりが持てる」を実現するポイントは、バイクに何か+αを加えることです。

私はバイクで郊外に行くことが多いのですが、行く先々でバイクに+αを加えている方々にお会いします。

 

バイク+キャンプ

バイクにキャンプ用品などを積んで、テント生活を楽しむ方々です。

バイクキャンプの良さは「その日の天気を見て、泊まる場所を決められる気軽さ」とのこと。泊まるもよし、泊まらずに走り切るもよし、の自由さに魅力を見出されている方が多いです。

キャンプは行わないまでも、常にバイクに小型ストーブとコーヒーセットを積んでいて、気に入った場所でコーヒーを淹れる方にもお会いしました。冬の海岸通りでお会いしたのですが、寒い海を見ながらコーヒーを沸かす姿に「自然の楽しみ方を知っている方だな」と感じたのを良く覚えています。

 

バイク+フィッシング

釣りを趣味とする方は手先が器用なのでしょうか? バイクに付ける釣り竿用のケースや、クーラーバックなど、上手に自作されている方を多く見かけます。

殆ど人が通らないような側道に、ふいに釣り仕様のオフロードバイクやカブが停められていることが有るのですが、その近くで人を見かけることは殆どありません。恐らく道沿いの渓流を伝って、自分だけのスポットを楽しんでいるのだと思います。

カブ一台あれば、釣りに行けるエリアも自由度も相当広がるはずです。いい時間を過ごしているなと、見もしないのに想像してしまいます。

 

バイク+温泉

バイクに乗っていると町内温泉のような場所を巡っている方にお会いすることがあります。一人でふらっと、こじんまりとした温泉に立ち寄って、ヒグラシが鳴く迄湯につかる。私の大好きな夏の過ごし方でもあります。

山間は夕方になるとちゃんと気温が下がるので、湯上りの風が心地いいんです。有名温泉では味わえない贅沢な時間です。

温泉にバイクで乗り付けている方には、後ろに奥様(だと思います。違うかもしれません..)を乗せている方の比率が高いですね。

 

バイク+写真

カメラに「思いがけない一瞬」を収める。 車では駐車できないフォトスポットにバイクで行く。 小型ストーブを持参し暖を取りながら何時間もシャッターチャンスを待つ。 そんな雰囲気を醸し出している方を時々見かけます。

一瞬のシャッターチャンスを待っているのか思うと、近寄り難い雰囲気を感じてしまい声を掛けられないのですが、きっと思いの詰まった素晴らしい写真を撮っていることでしょう。

 

大人になってからの趣味は、思いもしない扉を開いてくれる

バイクに限らずどんな趣味でも同じですが、大人になってから始めた趣味にはこれまでの経験が彩を与えてくれます。

ご紹介した写真、釣り、アウトドア、温泉に限らず、今までの生活の中で見つけた自然・食事・芸術・ファッションなどの魅力が新しい趣味とうまく絡まって、予想もしていなかった楽しみを生み出してくれます

人生を通じて知った、美しいもの、旨いもの、好きなものが集約されるような趣味は、ある程度の年齢を経ないと見つけられません。

再び手に入った時間を、是非有意義に使ってください。

 

家族を守る姿勢を家族にも見せる

大人の趣味として、バイクほど良い趣味を私は知りません。ですが、バイクには常に危険が伴います。

私が申し上げるまでもありませんが、万が一の時に家族が路頭に迷わないための事故防止対策と保険対策はきちんと行いましょう。そしてその姿勢を家族に見せましょう。

親が親としての責任を果たすために、どこまで真剣に考えているかを見せるのは、子供にとって良い刺激になるはずです。

またその姿勢をもってすれば、バイクに対する家族からの理解も得られ易くなるでしょう。

あなたの手元に戻ったあなたの自由な時間、是非有意義に関して活用してください。

バイク保険