バイク保険の基礎用語 携行品特約
スポンサーリンク

携行品特約は外出時に持ち物が壊れた時に、その修理費用を補償してくれる特約です。

携行品特約はバイク保険以外にも火災保険、自動車保険など様々な保険についているので、保障の重複が起こりやすいのですが、保障の範囲が会社によりまちまちなので、それぞれの保険がどこまでカバーするのかを確認する必要が有ります

 

スポンサーリンク

携行品特約の保障範囲の例

同じ携行品特約でも、保険会社や商品によって保障範囲が異なります

大きく分けて次の3種類が有ります。

  • 自宅以外の場所で破損故障した物は、国内外問わず全部保障する
  • 自宅以外の場所でありかつ、日本国内で壊れた場合は補償する
  • 「事故の時に積んでいたもの」など、元の保険の事故に伴って壊れた場合には補償する

 

その為、検討の際には名称だけで判断せず、補償内容をよく読む必要が有ります。

 

補償されないもの

保障の範囲は様々なのですが、どの保険でも以下の物は補償対象外です。

  • 自宅や自宅の敷地内で起きた事故による破損
  • 経年劣化等による故障
  • 自然災害に起因した破損
  • 紛失や置忘れ
  • 現金、株券や保険証券などの有価証券
  • 宝石美術品骨董品
  • 記録媒体に記録されているプログラム、データ

 

スポンサーリンク

確認すべきポイント

多くの保険に付けられる補償なのですが、保険により補償の範囲が違うため、自分に合った保険会社を見つけるのが少々手間となる特約です。

選定の際には以下の点を確認すれば、適切なものが見つけやすくなります

  • 補償範囲

バイクでの移動時の破損のみ補償する保険と、日常生活のすべてを補償する保険が有ります。

  • 壊れて困るものが対象に含まれているか

PCや携帯電話は、補償範囲に入る会社と入らない会社があります

 

オンデマンド保険との比較も有効

新しい流れとして、オンデマンド保険というものが出てきています。

知人の車を1日だけ借りるときなどに使える「ちょいのり保険」などが知名度を上げてきていますが、物の補償を1日単位で付けられる保険が出てきました。

WarranteeNow(2019年9月現在、受付停止中)

まだまだ始まったばかりですが、今後このような保険は増えていくでしょう。

「年に数回しか高級品は携行しないので、携行品特約はつけるほどでもないが、ちょっと心配」

というような場合、オンデマンド保険は検討に値します。

バイク保険