新しい記事 : 用語集

目次

バイク保険の基礎用語 被害者請求

交通事故の被害者が自賠責保険の保険金を請求することを被害者請求と呼びます。自賠責保険は被害者の体に対する賠償責任についてのみ支払われる保険です。 保険が支払われるまでの流れは次のようになっています。支払われる額が加害者が…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 加害者請求

加害者請求とは交通事故による賠償金を自賠責保険に請求する際に、加害者が請求することを言います。自賠責保険は被害者の体への損害に対してのみ保険金が支払われます。ですが、支払額は加害者が被害者に対して支払う賠償金の額を上限と…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 自動車損害賠償保障法

自動車損害賠償保障法は交通事故の被害者の救済を目的として、昭和30年に設けられた法律です。   事故の被害者は加害者に対して賠償金を求めますが、これに法的な裏付けを与えているのも、この自動車損害賠償保障法です。…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 車両保険

車両保険は、自分のバイクにキズや破損が生じた際に、その修理費用を出してくれる補償です。 大きく分けて交通事故や災害による損害のみ補償するものと、自損事故や当て逃げの損害まで補償するものに分かれていて、契約時にどちらかを選…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 運転者限定特約と運転者年齢限定特約

運転者限定特約と運転者年齢限定特約、言葉は似てますが内容は全く違います。 この違いを理解していないと、知らぬ間にリスクを抱えたり、高い保険料を払うことになります。 リスク分散型保険は様々な要素を元に保険料を算定しますが、…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 搭乗中のみ補償特約

この特約を付けると、保険の対象となる範囲を「保険会社に伝えたバイクに乗っている間だけ」と制限し、人身傷害補償の保険料を引き下げることが出来ます。   しかしこの特約を検討する際には「乗っている間だけ」の意味に注…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 無効

保険が無効になるとは、保険の契約が最初から無かったとして扱われることを言います。 無効の原因となるのは、主に、告知義務に違反した場合です。 告知義務違反が有ると、「そもそも契約の前提条件が違う」とされるのです。 &nbs…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 同居の親族

「同居の親族」については、「同居」と「親族」に分けて考えると分かり易くなります。 一言で言えば、「同じ屋根の下に住んでいる親戚」なのですが、どこまでが同じ屋根なのか? 親戚とはどの範囲までか?などが細かく決まっていますの…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 特別危険保険料率適用予告通知

特別危険保険料率適用予告通知 一回では読めない、たいそうな名称ですが、内容も相当にシビアです。   保険加入者が悪質な事故を起こす可能性が高く、普通の加入者よりも高い保険料の徴収が必要であると保険会社が判断した…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 搭傷死亡等対象外特約

搭傷死亡等対象外特約は、搭乗者傷害保険から死亡時の補償と、後遺障害の補償を省くことで、保険料を抑えられる特約です。 私はこの特約には存在意義をあまり感じません。 理由は後程記しますが、付保を検討されている方は十分に注意し…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 事故有係数適用期間

難しい言葉ですが、「保険請求をしたことで、その後保険料が高くなる期間」を意味します。   保険請求を行った場合、等級が下がることが有りますが、単に下がるだけでなく、「保険請求により等級が下がった」方は、そうでな…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 側車付二輪自動車

側車付二輪自動車とはサイドカーのことです。   また、ピザやマクドナルドの宅配で使われている、後輪が2つあって荷台が付いているようなバイク(商業用3輪)も、側車付二輪自動車に分類されます。 目次サイドカーの種類…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 車両番号

車両番号とはバイクのナンバープレートの番号のことで、登録番号とも言います。 数字だけでなく、「品川 C さ 1234」のように、表示されている内容の全部が車両番号です。   この番号はナンバープレートで確認する…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 押出されたバイク

押出されたバイクとは、保険の登録から外れたバイクのことを言います。 バイク保険では保険がバイクに紐付いています。 保険を契約したのがあなたでも、友人のバイクで事故を起こすと補償されないことがあるのです。 友人のバイクを借…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 運転者年齢限定特約

運転者年齢限定特約はバイク保険の保険料に対して最も影響をもつ特約です。その保険が適用されるライダーの年齢を制限することで、保険料を割り引くことを目的としています。 単刀直入に言えば、「若い人は事故を起こしやすいから保険料…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 他車運転特約

補償の範囲をあなたのバイクのみにするか、借りたバイクも含めるかにより保険料が変わります。 バイク保険はライダーと車両の両方に紐づけられています。 あなたがバイク保険に入っていても、借りたバイクでの事故は補償されない場合が…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 使用目的

バイク保険の見積もり時には必ず「使用目的」を聞かれます。 殆どの会社は使用目的を3つに分類しており、どの使用目的を選ぶかにより、保険料が変わります。   業務 年間を通じて週に5日以上または、年間を通じて平均で…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 ロードサービス

ロードサービスは事故に限らずバイクに何らかのトラブルが生じた時に、現地で救援・復旧活動を行ってくれるサービスです。   JAFが有名ですが、JAFの出動内容は以下のようになっており、これらを現地で提供するのがロ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、後遺障害によって、仕事がどの程度出来なくなってしまったかを表す数値で、%で表されます。 完全介護の状態(いわゆる「寝たきり」の状態)となると、労働能力が完全に失われたとされ、労働能力損失率は100%と…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 レッカーサービス

レッカーサービスはバイクが自走不能となった場合に、修理工場或いは自宅までバイクを運んでくれるサービスです。   レッカーサービスは保険の一部ではありません。 保険に付帯されている追加サービスです。  …

コメントなし

バイク保険の基礎用語 リスク細分型保険

リスク細分型保険とは、契約者のプロフィールと、過去の事故発生記録を照らし合わせて、その契約者が今後どの程度事故を起こす可能性があるかを判断し、保険契約内容を決める手法です。   例えば、「東京に住む、免許取得2…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 ライプニッツ係数

ライプニッツ係数とは平たく言うと「その方が今後得られる収入を、今いっぺんに受け取ったら幾らになるか」を数値化したものです。 そのため、算定の対象者が若ければ働ける年数が増えますので、ライプニッツ係数は上がり、年配であれば…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 用途・車種

用途も車種も一般的な用語ですが、バイク保険で用途・車種と表記した場合には、次のような意味を持ちます。 用途 = ナンバーによる区分 バイクは通常自家用、事業用、の2区分に分けられています。(この他に在留軍人用の特殊番号等…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 猶予期間

猶予期間とは保険料の支払いが遅れた際に、保険会社が支払いを待ってくれる期間のことです。   保険は支払いが期日通りに行われなくても、即時に保障が停止することはありません。 一定期間の猶予期間が与えられ、その間に…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 約款

約款は保険約款のことを指します。 保険の契約書です。   保険の諸条件、補償額の計算方法など、重要な事項が全て記載されています。   約款は保険証券と一緒に送られてきたり、申し込みの直後にホームページ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 元受保険者

元受保険者(もとうけほけんしゃ)は再保険に出された契約において、もともとその保険を顧客から受託した保険会社(=再保険を依頼した会社)を意味します。   主に保険会社間の取引において用いられる用語なので、保険業界…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 元受保険料

元受保険料(もとうけほけんりょう)とは、保険会社が自社の保険の契約者から直接受取った保険料を指します。 元受収入保険料とも言います。   受け取った保険料の運用益などは反映されません。   保険会社の…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 免責証書

免責証書は「もうこれ以降は賠償金を請求しません」と確約する書面のことで、通常は被害者が加害者に対して発行します。   この書面が提出されることで、それ以降被害者は加害者に賠償金請求が出来なくなるので、賠償金額が…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 免責金額

免責には主に2種類あります。 1つは事故の発生事由による免責で、事故原因が保険条項に反する場合に、保険金が支払われなくなることを言います。   もう一方は、予め補償の一部が支払われないと決められていることによる…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 免責事項

免責条項とは約款に記されている条文の中で、「保険金を支払わない場合」と記された部分に記されている、免責内容を明文化した部分を指します。   免責条項はどの保険会社の約款でも詳細に記されていますが、内容が分かり難…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 免責

免責(めんせき)とは、責を免れるという表記の通り、責任を免除されることを言います。   保険加入者が事故にあえば、保険会社が保険金を払ったり、示談交渉をしたりしなければならないのですが、特定の場合には保険会社は…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 満期日

満期日(まんきび)とは期間の満了(=終了)日のことで、補償期間が終わる日を指します。   生命保険や医療保険のうち、貯蓄型の保険であれば、満了日に契約で定められた満期返戻金が支給されますが、損害保険は掛け捨てが…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 補償開始日

補償開始日は保険期間の開始日、保険が有効となる日のことです。 共済保険の場合には、午前0時から、すなわちその日になった瞬間から有効となりますが、損害保険会社の多くは当日午後4時から有効になることに注意してください。 &n…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険約款

保険約款(ほけんやっかん)は保険の契約書です。 保険の諸条件、補償額の計算方法など、重要な事項が全て記載された書類です。 最も重要な書類ですが、最も無視されていると感じます。   約款は保険証券と一緒に送られて…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険料払込方法 保険料収納方法

保険料払込方法と保険料収納方法は、どちらも保険料を支払う方法です。 銀口座振り込み、コンビニ払いなど、今では多くの方法から選べるようになりました。 用語の説明からは外れてしまうのですが、FPである私の立場からすれば、保険…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険料

保険料は加入者が保険会社に保険の加入と継続のために払う金銭のことです。   時々、保険金と保険料を混同されている方がいます。 保険金は事故などが発生した際に、保険会社が加入者に対して支払う補償のお金です。 &n…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険事故

保険事故とは、保険会社が保険金を支払う必要が生じる事故の事を言います。 交通事故でも、保険金支払いが無ければ保険事故とは言いません。   例えば、賠償責任保険しか加入していない方が、自損事故を起こした場合、一般…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険始期時刻

保険始期時刻(ほけんしきじこく)とは保険業界の用語で、契約の開始時刻の事です。   保険契約書(保険証券)には契約が有効となる日(補償が開始される日)が記載されていますが、その時刻はたいていの場合午後4時となっ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険業法

保険業法は保険を扱う際の規則を定めた法律で、主に加入者(消費者)の保護を目的にしています。 日本国内で保険を扱う場合には、全てこの法律による規制を受けます。   保険は個人のリスクを金銭をもって補償するという、…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険期間

保険期間とは保険が有効な期間のことです。 この期間内に起きた事故だけが保険の対象となります。   保険の期間を過ぎてから保険会社に報告した事故でも、発生時刻が保険期間内に入っていれば補償の対象となります。 逆に…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険金額

保険金額は、その保険の契約の範囲で、保険会社が支払える限度額を意味します。 但し、厳密には保険金額=契約金額とはなりませんので、その点は注意が必要です。   少々複雑な概念なのですが、バイク保険をモデルケースに…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険金

保険金とは事故等があり補償を得られる場合に、保険会社から実際に支払われる補償額のことです。   保険の用語は少し分かり難いのですが、保険金に似た言葉に、保険料や保険金額が有ります。   保険料は加入者…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 保険の目的

保険の目的とは、保険用語で保険の対象物を言います。 保険加入の目的と言う意味ではなく、その保険が損害を補償する対象物のことです。   住宅の火災保険の場合には、家が保険の目的となります。 バイク保険の場合には、…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 フリート契約

フリート契約とは10台以上の車またはバイクを所有していて、それらすべてに1年以上の保険を付けている方に適用される特別な契約です。 フリートは英語でFleetと書きます。 Fleetには「同一会社所有の全車両」という意味が…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 物件事故(物損事故)

交通事故には主に2つの事故区分が有ります。 人身事故=人が傷ついた事故のこと 物と人、両方が傷ついた事故も人身事故です。 物件事故(物損事故)=物だけが傷ついた事故のこと   物損事故の場合、その事故をもとに逮…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 付加保険料

保険加入者が払っている保険料の一部は、保険会社の経費等(人件費、設備費、広告費、販売店への手数料、保険会社の利益など)に充てられています。 保険料のうち、これらの経費等に充当される部分を付加保険料(ふかほけんりょう)と呼…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 部位・症状別払

部位・症状別払とは、バイク事故のケガが原因で保険金を受け取る場合に、そのケガの部位や状態によって補償金額が決まることを言います。   実際にかかった治療費とは関係なく金額が決まるので、比較的速やかに補償が得られ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 被保険自動車

被保険自動車(ひほけんじどうしゃ)とは、保険の対象となるバイクのことをいいます。 被保険車両も同じ意味です。 「あっ、そうか」と簡単に考えないでくださいね。   被保険自動車がどのバイクであるかは、かなり重要で…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 被保険者

被保険者(ひほけんしゃ)とは事故を起こしたときに保険金支払いの対象となる人のことを言います。 何故このような言葉がわざわざ有るかと言いますと、保険契約では保険料を払う人が必ずしも保険金支払いの対象とはならないためです。 …

コメントなし

バイク保険の基礎用語 払込期日

払込期日とは、保険料を指定の支払先へ支払う期日のことです。   インターネット契約で1年前払いであれば、支払いが完了していることが契約の条件となるので、払込期日という言葉を聞く機会は無いでしょう。  …

コメントなし

バイク保険の基礎用語 ノンフリート契約

ノンフリートは英語でNon Fleetと書きます。 Fleetには「同じ会社が持つ全ての車両」という意味が有ります。 全車両一括契約ということですね。 これに対してノンフリートとは一括とは見なされない台数(9台以下)の契…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 ノーカウント事故

ノーカウント事故とは、保険請求を行っても翌年の等級へ影響を与えない事故のことです。等級が据え置かれるので、等級据え置き事故とも呼ばれています。 一方で等級に影響を与える事故はカウント事故と言います。 実際にノーカウント事…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 特約

保険における特約とは普通契約(主となる契約)の内容に何かを追加したり、制限したりする追加事項のことです。   特約が付くと、もともとの契約より強い効力を持ちます。   バイク保険においても多くの特約が…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構は、日本で活動する損害保険会社のほとんどが加盟する団体です。   事故の原因、発生率、賠償金の額など、損害保険に係る様々な情報を収集・分析し、保険料の算定等に必要可能なデータとして保険会社に…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 損害保険契約者保護機構

損害保険契約者保護機構は、金融庁が管轄している保険契約者保護機構制度(保険会社のセーフティネット)の一つで、損害保険会社が破綻(倒産)した場合に、契約者や保険金受取権者を保護する目的を持っています。   損害保…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 損害賠償責任

損害賠償責任は他人にケガを負わせたとか、他人の物を壊した場合に、その償いを金銭で払うことを言います。   被害者は、失ったもの、負った傷を元に戻すことを望むのでしょうが、現実的に不可能なので、金銭に換算して解決…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 ソルベンシー・マージン比率

ソルベンシー・マージン比率は日本語で「支払余力」と言います。 保険会社の安全性や体力を示す数値で、パーセントで表されます。   この数値は、通常では考えられない事柄(大災害や株の大暴落など)が起こり、一気に保険…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 即決和解

即決和解(そっけつわかい)とは、争いごとについて双方の合意が出来ていて、その内容をきちんと記録するときに使える手続きです。   簡易裁判所に即決和解の申し立てをし、合意内容を和解調書に記載することで、裁判所が下…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 総排気量

総排気量とはバイクのシリンダーの容量のことです。簡単に言えば人間の肺活量に相当します。   人が一回に吐ける空気の量を肺活量と言いますが、バイクの場合も同じで、一回エンジンが作動する間に、どれだけの空気を吐き出…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 責任割合

責任割合はバイク保険、自動車保険を知るうえで極めて重要であると同時に、多くの方にとって、最も納得がいかない考え方と言って良いでしょう。   責任割合は過失割合とも呼ばれます。 むしろ過失割合の方が一般的な呼称で…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 初年度登録年月

初年度登録年月はバイクが陸運支局に初めて登録申請され、その登録が受理された年月のことを言います。 簡単に言えば、そのバイクに初めてナンバープレートが付いた日です。   この記録は車検証に記載されています。 &n…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 証券不発行割引

証券不発行割引は、インターネット保険ならではの割引制度で、保険証券を郵送しないことを条件に、500円程度の割引を受けられるものです。   しかし、証券が不要なのではありません。 むしろ証券が送られてこないことを…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 純保険料

純保険料(じゅんほけんりょう)とは、私たち保険加入者が支払う保険料のうち、保険金などの支払いに充てられる部分を指します。 純保険料は過去の事故発生率や、保険料金の支払い実績、加入者のデータなど、各種の情報を駆使して算出さ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 宿泊費補助サービス

バイクの任意保険に付けられる付帯サービスです。 バイクの事故や故障で帰宅できなくなった場合に、宿泊費の一部が補助金として支給されます。   バイク保険では比較的ポピュラーな付加サービスで、当サイトの調べでは8社…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 車両所有者

車両所有者とは、正確に言うと「車両の所有権を有している人」のことです。 例えば、普段使用しているのが子供でも、バイクを買ったのが親なのであれば、車両所有者は親となります。   車検証や、保険契約にも「車両所有者…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 車台番号(車体番号)

車台番号はバイク一台一台に個別に振られている番号です。 バイクを特定するために使われるもので、「バイクの指紋」と言っても良いものです。   保険を契約する際にはもちろん、車検を受ける際にも使われます。 &nbs…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 車検証

車検証はそのバイクが車検(自動車検査)に合格したことを証する書類です。 バイクの情報と共に、所有者、使用者など、そのバイクを管理すべき人の情報も記載されます。   車検証の発行を受けることで、公道走行の許可が得…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 車検

車検は正式には自動車検査登録制度と言います。 文字通り、自動車を検査し登録する制度です。   検査は公道を走るうえで、必要とされる安全性を備えているかどうかが確認されます。 そのため検査事項は「安全に走るか」と…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 示談書

示談の内容は当事者の理解を一致させ、その後の履行の指針として書面にまとめる必要があります。 示談の内容を双方に誤解が生じないように書面に纏めた物が示談書です。   示談書は誰でも作成できます。 弁護士でないと作…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 示談交渉サービス

示談代行サービスとは、事故の相手側との示談交渉を本人に代わって行ってくれるサービスで、主に任意保険会社が損害賠償保険の付随サービスとして提供しています。   バイク保険、自動車保険をはじめ、各種損害保険に付いて…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 示談

示談(じだん)とは何かしらの争いごとが有った時に、当事者間の話し合いにより解決することを言います。   当事者間の約束ではありますが、示談が成立するという事は、その後はその事項に対して蒸し返さない、これ以上の追…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 自賠責保険

自賠責保険(じばいせきほけん)は正式には自動車損害賠償責任保険(じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)といいます。 別名「強制保険」と言われるように、公道を走る車、二輪車(原付を含む)は必ず加入しなければなりません…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 再保険者

再保険者(さいほけんしゃ)とは再保険を引き受ける保険者のことです。 呼び方は異なりますが、受再保険者と意味は同じなので、詳細は受再保険者を参照してください。  

コメントなし

バイク保険の基礎用語 再保険

再保険(さいほけん)とは、保険会社が引き受けた契約の一部、または全部を他の保険会社に肩代わりしてもらうことを言います。   例えば、あなたが契約したバイク保険に車両保険が含まれているとします。   保…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 道路交通法

道路交通法とは、道路を通行する、使用する際のルールを定めた法律です。 自動車だけでなく、自転車や歩行者も対象としています。   警察官が交通違反で注意する事項は、ほぼ全て道路交通法に基づいています。 &nbsp…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 登録番号

登録番号とはバイクのナンバープレートの表示のことです。 ナンバープレートに表示されている数字だけでなく、「品川 C さ 1234」のように、表示されている内容の全部が登録番号です。 恐らくこのページに辿り着いた方の中には…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 等級プロテクション特約

等級プロテクション特約(=等級プロテクト特約)は、事故等で保険金を請求しても、翌年からの保険契約の等級がダウンしないようにする特約です。 特約料金を支払う事で、もし保険金支払い事故が発生した年も、翌年からの等級が下がるこ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 等級据え置き事故

事故として保険会社から補償を得たとしても等級に影響がない事故のことを指します。 以下のような事柄を原因とする保険請求が等級据え置き事故として扱われていました。   火災や爆発による車体の損害 盗難 動乱・デモな…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 重複保険

重複保険(ちょうふくほけん)とは、同じ種類の保険に2つ以上入ることを言います。 例えば、1台のバイクに対して、チューリッヒと三井ダイレクトの両方に入るようなケースです。   また、必要以上に保険に入る(保険を掛…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 調停

調停(ちょうてい)とは、裁判所により行われる手続きです。 裁判所と言えば、裁判を開き、判決を下す場所と考えられていますが、それだけが役目ではありません。   裁判は当事者双方にとって、費用的にも時間的にも大きな…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 中断証明書

中断証明書(ちゅうだんしょうめいしょ)とは任意保険の解約時に適用されていた等級を証明する書類です。 中断証明書を持っていると発行から10年以内(妊娠を解約理由とする場合は3年)に再度バイク保険を契約するときに、毎年の保険…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 短期料率

短期料率とは保険が期間途中で解約になった時に、既に支払われている保険料のうち、既に経過した日数分の保険料を計算するときに用いる数値です。   前払いされている保険料のうち、返還すべき金額を計算するために使います…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 ゴールド免許

ゴールド免許は免許更新時点で、過去5年以内に交通違反などにより、違反点数が与えられていない場合に発効される特別な免許です。 免許証の有効期間が記された部分の色帯が金色なので、ゴールド免許と言われます。   ゴー…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 通知義務

通知義務(つうちぎむ)とは保険の契約に影響がある事項で、加入者から保険会社に伝えないといけない事項のことを言います。 通知すべき事柄を通知しないと、事故などが有った時に、保険金が下りない場合が有ります。   保…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 告知義務

告知義務(こくちぎむ)とは保険を契約する際に必ず保険会社に伝えないといけない事項です。 告知義務に応じないと、保険に加入できません。   また、事実と違う返答をすると保険が無効になることが有りますので、正確に伝…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 交通事故証明書

交通事故があったことを証明する書類です。 交通事故を原因とした保険金の支払いを得るときに必要となります。 この書類が無いと保険会社は事故に関する支払いの手続きを行えません。   保険会社によっては、証明書の取得…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 故意

故意(こい)とは簡単に言えば「わざと」ということです。   例えば、信号が赤であるのを分かっていたのに信号を無視すること。 これは故意とされます。   一方で、信号を見てなくて信号無視をしてしまった場…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 現在の等級

保険の見積もりを取るときに、少し悩む質問に「現在の等級」があります。 これを聞かれたら、素直に今の保険証券に書かれている等級を記載してください。 「現在のノンフーリート等級」を聞かれても同じ意味です。   等級…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 失効

失効(しっこう)とは保険契約が効力を失い契約が終わることです。 保険支払い対象外のことが原因で、保険の目的(対象)が無くなることにより、保険が終わることを言います。 例えば、バイクを売ったとか、バイクが盗まれたとか、壊れ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 契約者

契約者とはバイク保険の契約書に記名押印し、保険料を支払う人のことを言います。 インターネットの場合には、契約者として登録する人です。 バイク保険の場合、次の2つの違いをきちんと把握しましょう   契   約  …

コメントなし

バイク保険の基礎用語 クーリングオフ制度

クーリングオフとは、一旦申し込んだ契約を、一定期間なら「やっぱりやめた!」と取り消せる仕組みです。 この制度は法律で定められていますが、立法の趣旨に合っている契約だけが適用対象です。   この法律は、十分に考え…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 金融庁

日本の銀行、証券、保険など、金融と名の付く会社や団体の親分です。 金融庁の許可が無ければ、日本国内で保険を販売することはできません。 また、金融機関の活動についても監督・監査を行っています。   金融庁ホームペ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 行政処分

行政処分、あまり良い響きでは無いですね。 ですが元々の意味は「政府機関(行政庁)が一方的に特定の国民の具体的な権利義務を決定すること」を言います。   なので、何かしらの権利を認めるという、ポジティブな意味もあ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 休業損害

交通事故で仕事が出来なくなり、得られなかった給与などの金銭的損害を言います。   この損害は相手から得る損害賠償の対象となります。   また自分の保険においても、人身傷害補償の補償対象となります。 (…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 記名被保険者

記名被保険者(きめいひほけんしゃ)は保険契約上のバイクのライダーのことです。 必ずしもバイクの保有者ではありません。   親が自分名義でバイクを買い、子供が乗る(親は乗らない)ならば記名被保険者は子供です。 &…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 コンバインド レシオ

これから保険を選ぼうとしていて、このページにたどり着いたのなら、相当に慎重でち密で、ファイナンシャルプランナーにピッタリの資質を持たれた方と思います。   現在の日本の保険会社の経営状態であれば、コンバインドレ…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 型式

型式(かたしき)には2つの種類があります。   1.認定型式 バイクを作った時に、メーカーが国土交通省に届け出を行って取得する番号です。公的な番号で、そのバイクが法律に則った基準を満たしていることを証明するもの…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 過失割合

過失割合(かしつわりあい)は簡単に言うと、事故の時に誰がどれだけ悪かったかを数値で表したものです。 過失割合は、事故の状況に応じて基準値が予め定められています。 例えば「バイクが直進で車が右折の事故(いわゆる右直事故)で…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 過失相殺

過失相殺(かしつそうさい)とは、加害者の過失から被害者の責任分を差し引くことを言います。 過失相殺が適用されると、こんな指示が出ます。   この事故は相手の責任で起きたので、損害賠償として2,000万円の支払い…

コメントなし

バイク保険の基礎用語 過失

過失(かしつ)とは「わざとじゃないのは分かっているけど、普通こんなミスしないよね」というような失敗を表す言葉です。 普通にバイクに乗っていれば、絶対にしないような失敗のことです。   例えば、信号無視で人を轢い…

コメントなし